staff

staff

Mayu Hiketa

私は撮影中できるだけ自分自身も動きながらその子その子のペースと距離感を大切にしながら撮影をしています。変顔もその子の良さ、照れる仕草もその子の良さ、個々によって魅力もみんな違います。私はそういった子供らしさも写真に残していきたのです。ご両親を見つめる子供達の目からは優しさが溢れています。「目線から伝わる空気感」も残してあげる事がカメラマンの役目ではないかと思います。スライドショー後に嬉しくも泣いてくださる方もいらっしゃいます。その時はこの仕事について本当によかったなと痛感するばかりです。直接その時の感想や表情も拝見でいることほど嬉しい事はありません。
子供達の成長は本当に早く、時間と共に出来る事も増えていきます。私たちも写真を通して成長を共に見る事が出来て、親とはまた違った目線で本当に嬉しさを感じます。
写真で誰かの心を幸せにする。そんなカメラマンでありたい!!と思います。
「感謝の心と謙虚さ」を大切にお客様と楽しく接するように心がけています!
これからもこんな私ですが、皆様温かな目で見守って頂けたら嬉しいです!
ゆる~く真面目にこれからも日々頑張ります!!(笑)

Wakana Higaki

『コーディネーターとして』と、語れるほど、ファッションについて学んだこともなく、持っている資格は、保育士免許と幼稚園教諭です。(笑)でも小さいころから、ただただ服が好きでした。田舎育ちなので可愛い服もなくて、今ある服でどうにか流行っぽくならないかと考えている、その頃からちょっとミーハーな女の子。
「コーディネーターは撮影の空気を変えられる人でなければならない。wakanaが入ることで、撮影の空気がガラッとかえられるようにね♪」と。
コーディネートで一歓声上げた後は、撮影の中でもう一歓声♪子どももパパもママもカメラマンもみーんなが撮影を心から楽しめるように、私が動きます!私が一番大きな声で笑います!そして私が一番楽しみます!なかなかいいとこ取りの仕事です♪(笑)
そんないいとこ取りの仕事を、今日も誰よりも楽しんでやっています☆

Haruka Iwata

ありきたりではあるのですが、昔からカメラやビデオで撮る事、そしてその時の瞬間を残す事が好きで、後で見た時、あの時はこうだったね♪っとみんなで話し、共有できる時間が何より大好きでした。

そんな私がcocon と出会い、coconで働く皆さんの話を聞き、それぞれの想いに触れ…家族の大切な瞬間を残すお手伝いができるということが、なんて素敵なことなんだ!と思い、嬉しい気持ちでいっぱいになり今に至ります。

私はとにかく笑顔でいることを大切にしています。楽しかったり嬉しかったりするときはもちろん、悲しいことや辛いことも笑顔でいることで必ずHAPPYに変換できるからです。

大好きな言葉は、
一期一会 ~いちごいちえ~

「一生に一度だけの機会そのもの」という意味とともに、
「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう。」という意味がある事を知りました。

これからも笑顔を絶やさず“私なりのおもてなし”を心がけて、まだ出会っていない皆さんとの一期一会を楽しみに努力し続けます!

Natsumi Doi

私の写真のテーマは(極限のナチュラル)です。風景の中にポツンと人が立っている、自然と一体になった写真が好きです。その日の風や光などの空気感が、写真を観てくれる人に伝わるようにしています。また、プライベートでは友人の写真を撮ったり、逆に私自身がモデルになって撮影をしてもらったりと、(撮る側、撮られる側)の気持ちをより深く理解できるようにも、心がけています。撮影時の声掛けも、どういったら一番伝わりやすいか考えながら撮影をしています。表情以外にも、手や足から伝わる空気感だったり、温度といったものを写真に残したいです。

Takayuki Fujigoe

2019年千葉県から引っ越してきました!!
藤肥こと「フジさん」です。

休みの日は奥さんといろんなところに出かけています。
好きなことは家でゲームと映画を見ることです。(矛盾していますがインドア派です)

ポケモンやらパズドラやらモンストやらが大好きなので、機会があれば是非フレンドになりませんか?

縁があってCOCONで撮影をしております。
小学生から運動一筋でしたが、「情熱大陸」で取り上げられた報道カメラマンの写真を見て写真の可能性、表現の面白さ、カッコよさにあこがれて大学生から心機一転。
教室に通わず、4年間暗室に通い詰めていました。
写真が大好きな男性スタッフです!!

自慢は同じ写真を仕事としている奥さんに鍛え上げれた写真の感性です!!

写真を残す事が一番重要ではありますが、その形になるまでの撮影スタッフを含め、パパさんママさんすべての人が1つになったときに素晴らしいものが残ると信じています。

私の撮影スタイルは「写真を残す」ではなく「思い出になる写真をみんなで作る」です。

Mayumi fujigoe

写真の力はものすごいです!!
たった一枚の写真には目には見えない想いが込もっている。
それは何物にも代えれない唯一無二の宝物です。
写真は人を笑顔にする。
写真は人を幸せにする。
私はそう信じて、常々「愛のある写真」を心がけています。
撮影は、やはり相手が人間であるために、思い通りにいかない事も沢山あります。
泣き止まない子も、走り回って止まらない子も、緊張して固まっちゃう子も、パパやママも一緒です。
全部その時のその人自身なんです。そんな撮影中で、自分に何ができるのか考え、全力で向き合います。そのままのその子も残し、笑顔ももちろん残したい。その為に、私は誰よりもその空気感や時間を楽しみます!その場にいる全ての人に楽しんで欲しいから、私が先陣を切って楽しみます!
そうです、撮影は楽しいんです!!
私が写真を続ける原点はそこです!うまくいかないからこそ面白い!だから続ける!

COCONの写真で大事にしていることは、もちろんお客様の求める写真を撮る事と、”その子ならではの仕草”や”飾らない姿”、”パパ・ママや好きな事に向ける目線”を残せるように、みなさんを観察しています。
今までたくさんの家族に出会い、楽しい事や嬉しい事や幸せな時間をいただきました。特に印象に残っているのが、撮影後の上映会でママが写真を見ながら言った「産んで良かった」という言葉です。私の写真でそんな風に思ってくれた事に心から感謝し、COCONに来てくれたお客様や私と繋がっていてくれる人たちに心から感謝でした!
これからも、私の写真でいろんな愛に気付いてもらえたら嬉しいです!